So-net無料ブログ作成

ベルギービール カフェ BELG×AUBE ららぽーと豊洲店 深澤の会201011 [ベルギービール]

先日の勤労感謝の日は、ベル・オーブららぽーと豊洲店に行ってきました。
月に一度開催される深澤シェフの料理を皆で楽しもう会…略して深澤の会でした。
勝手に略してます[どんっ(衝撃)]
今回は19時からのスタートでしたので集合時間ちょい前くらいに到着。

イルミネーションをちらっと見てお店へ!

今回はいつもの様にカウンター席へ…こんばんは!!
さて、今回の会に付いてる樽生1杯をまず頂きましょう!

「セリス・ホワイト樽生」 (Celis White)
ヴァン・スティーンベルグ醸造所 5.0%
この間も頂きましたが、最初はすっきり爽やかホワイトビールから。美味しい。

準備が整った所でシェフからご挨拶[exclamation×2]

そして、最初の料理、アミューズが出て来ました。

「コンソメスープとアン肝 生ハム添え」
生ハムの下にアン肝が乗ってます。生ハム頂きます。
スープを頂きます。温かくていいですね。美味しい。
そして、アン肝は、ちょいと食べてみて、スープに浸して2度味わえます。
美味しかった。

ちなみに今回は赤坂からMURさんがヘルプで厨房に入ってました。

最初の1品目を味わいつつ、ビール飲んで、隣のお客さんと話ながら待ってると…。

次の料理、前菜が出て来ました。

「北海道産ワカサギのエスカベッシュ サラダ仕立て」
ワカサギの内、端っこにある1尾だけカレー風味でした。
で、エスカベッシュって何?って話になってましたが、洋風南蛮漬け…って話だったかな?
野菜と一緒にワカサギいただきます。甘酸っぱい感じで美味しいですね。

1杯目のビールを飲み終わった所で次を注文します。

「ローデンバッハ・クラシック樽生」 (Rodenbach)
ローデンバッハ醸造所 5.2%
レッドビールです。軽い酸味と甘い感じ。なんとなくぶどうっぽい味わいのビールです。
美味しいですね。

厨房内では次の料理の準備が着々と進行中。SSK店長撮影

出来具合をチェック中です。

岩塩包み焼きができたみたい。

中から魚がでてきて、一人分ずつに捌いてます。
そして、料理が出てくる合間にパンが出て来ました。

シェフ特製のパン、今回はほうれん草のイングリッシュブレッドです。

焼き印でお店の名前が入ってたり。
このパン、周りの耳の部分がかなりカリカリで中もしっかりしてて美味しかったです。
この後の料理のソースをつけて食べたり。もう1個おかわりが欲しかったくらい[あせあせ(飛び散る汗)]
そして、次の魚料理が出て来ました。


「長崎県佐世保産 天然鯛の岩塩包み焼き 伊達菊の香りのブールブランソース」
先程の岩塩の中は鯛でした。
ブールブランソースって、バターを使った白いソースって事のようですね。
鯛をトロッとしたソースに絡めていただきます。身がほっこりして美味しいですね。

そして、ビールも3杯めへ!


「ジーザス」 (Struise Tsjeeses)
ストライセ醸造所 10.0%
かなりアルコール分高めのビールです。
苦味と共に甘い感じもあって、美味しいですね。

さて、厨房の方では次の料理の準備が進んでいます。


リトル・デリリウムからも清田店長がヘルプで入られてました。


そして、次の肉料理ができあがり!


「仏産 青首鴨のロースト ポルトソース」
この間の大瓶大会の時にシェフが持ってたのがこの鴨でした。
表面がパリッと香ばしく焼かれてて、中は柔らかい感じでジューシー、
鴨の味わいたっぷり。美味しいですね。
鴨の下にあるのはピンクレンズ豆って事でした。香ばしい感じ。
上に花びらの様になってるがライスペーパーで中にお肉が入ってました。

そして、ちょっと一休み?って事で先程の鯛のアラ?を使ったスープ茶漬け。

あっさり優しい味わいでサラサラッと頂きます。暖まりますね。

そして、その頃厨房では次の料理の準備が進んでいます。


焼き上がるまでしばしご歓談を!って感じで待ってると焼き上がった様です。

できあがり!

次の料理は、デザートです。

「栗の温かいお菓子 マスカルポーネと石川県能登の塩を使ったアイスクリーム添え」
先程、焼いていたのがこのお菓子です。
これをパクッと割ると…。
 :

中に栗が入ってました。
外の生地は焼きたてで温かくふんわり柔らかくて美味しいですね。
栗も甘みがあっていい感じ。アイスクリームも美味しかったです。

そして、最後に食後酒として出していただいたのがこれ。

「ベルモットとローデンバッハ・クラシック樽生のハーフ&ハーフ」
爽やかな柑橘系の様な風味に苦味が混ざった感じで美味しいですね。

そして、最後の小菓子です。


「コーヒーキャラメル ヴァニラキャラメル プラリネ」
柿も一緒に添えられてます。
2種類のキャラメルは、片方は硬め、もう一方は柔らかめでした。
シェフに聞いた所では作る時の温度を調整する事でできあがりの固さを決める事が
できるとか。どちらのキャラメルも濃厚な味わいで美味しかったです。
プラリネはカリカリッて感じでこちらも美味しかった。

と言う事で今回の深澤の会もおしまい。
美味しい料理にビール飲んで、皆でお喋りして今回もとても楽しめました。

ごちそうさまでした!!!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。